きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: 女優


    【悲報】
    フランス女優『ナタリー・ドロン』79歳で亡くなった。


    ナタリードロン(Nathalie Delon、1941年8月1日 - 2021年1月21日)は、旧仏領モロッコ・ウジダ出身のフランス人女優、映画監督。 本名はフランシーヌ・カノヴァ。幼少期は母親の度重なる離婚で、不遇な少女時代を送った。10代後半からモデルとして活躍するが、1960年に保険代理業者
    8キロバイト (745 語) - 2021年1月21日 (木) 23:05



    (出典 m5.paperblog.com)


    ご冥福をお祈り申し上げます。

    【【悲報】アラン・ドロン元妻:女優『ナタリー・ドロン』79歳で亡くなった。】の続きを読む


    高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。歌手活動は一部の参加作品を除き、みつきまたは「高畑充希」名義。 大阪府東大阪市出身。所属事務所はホリプロ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。法政大学キャリアデザイン学部卒業。
    93キロバイト (11,895 語) - 2021年1月4日 (月) 17:00



    (出典 dot.asahi.com)


    一度たりとも「お前」なんてwww
    いまどき当然のことでしょうね('◇')ゞ

    1 フォーエバー ★

    高畑充希が、1月9日放送の『あざとくて何が悪いの?2021年新春SP』(テレビ朝日系)で「理想の男性像」を語った。

     高畑が思う「グッとくる男性」をショートドラマ化。それによると、「大人数でいるときに隅っこにいて話さない」「独特の思考&ワードセンスがある」「行動が早い&行動力がある」「本が好き」「別行動OKタイプ」「とにかく優しくしてくれる」「たくさん食べる」「『お前』と言わない人」という結果に。

     高畑は「柔らかさと温かさがありながら、決めるところは決める」とポイントを解説。「本が好きな人はボキャブラリーが豊富。ワードセンスが、そうくる? 面白いってなると、めっちゃいいってなります」と力説した。

     高畑があげたポイントに田中みな実は「私史上、一番いい」と絶賛。弘中綾香アナウンサーも「素晴らしい。すべての男性に言いたい!」と讃えていた。

     高畑があげた男性像にSNSでは数々の共感の声が送られた。

    《あざとくて何が悪いの?で田中みな実も高畑充希ちゃんも言ってたけど 女にお前って言う男って本当に何様?って感じだし、モテないしまじで辞めた方がいいよって心の底から思う》

    《「あざとくて何が悪いの?」で高畑充希が「お前と呼ばない人」が好みと言っていてめちゃくちゃ共感した。義務教育で教えた方がいいくらい大事》

    《あざとくて何が悪いの高畑充希が求める男性像 本が好き 別行動OK たくさん食べる お前と呼ばない 全部当てはまってるのにモテないよ。。。 やっぱりは顔は大事なのか!?》

    「高畑さんは2016年11月4日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ)でも好きな男性のタイプについてコメントしています。『やわらかい人がいい。そして可愛がってくれる人。甘えさせてくれる度量があったらすごく幸せ』と明かしていました」(芸能ライター)

     高畑のお眼鏡にかなう男性はどこにいるのだろうか。

    1月12日 16時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/19521679/

    (出典 i.imgur.com)


    【【理想の男性】高畑充希が「『お前』と呼ばない人」に共感の声がww】の続きを読む


    安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本の女優、タレントである。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。安達有里は実母。安達哲朗は実兄、安達大は異父弟。夫は、カメラマンの桑島智輝。 2歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCMなどで活躍した。子役としてデビ
    46キロバイト (5,952 語) - 2021年1月17日 (日) 05:09



    (出典 mi-mollet.com)


    奇跡の39歳??
    全然変わらないから不思議ww

    1 爆笑ゴリラ ★

    1/14(木) 9:26
    日刊ゲンダイDIGITAL

    安達祐実が39歳で“バブル”の様相 「黒革の手帖」の悪女役も大好評
    安達祐実(C)日刊ゲンダイ
    〈素敵な大人の女優として活躍されててすごい〉〈意外とハマってた!〉〈悪役の方がずっと映える〉――安達祐実(39)の評判がいい。

     7日に放送されたテレビ朝日系SPドラマ「黒革の手帖~拐帯行~」。安達が演じたのは高級クラブの雇われママ・レイナ役で、主人公のホステス・元子(武井咲)に、その座を追われるという役どころだった。

    「クラブを辞めてやけ酒をあおるレイナに、元子が金を渡すシーンがあって、レイナは『バカにすんなよ……』とすごむんです。童顔といわれる安達ですが、意外とタンカを切るのが似合うんですよ。安達の子役時代のドラマ『家なき子』を思い出しちゃいました」(ドラマ制作会社関係者)

    「同情するならカネをくれ!」と叫んでいた少女が、クラブのママを演じる大人の女に。ネット上では、武井と安達の“美の競演”などと褒めそやされていた。

    「黒革の手帖」に続いて2月公開予定の映画「樹海村」にも出演。女優業は順調で、安達が初プロデュースするアパレルブランド「虜 Torico」も昨年12月にリリースと、まさにノリにノッている。

    「安達さんは2016年に第2子を出産してからすっかり盛り返してきた印象ですね」と、芸能ライターの山下真夏氏がこう言う。

    「30代前半までは年齢の割に子どもっぽすぎるという評価が多かったように思いますが、30代半ばを過ぎた頃から、とりわけ同性の女性の見る目が変わってきた。よく考えてみたら、この年齢でこの可愛さはすごい、恐るべしと好感度も高まって女性誌に取り上げられるように。使っている化粧品や着ている服に注目が集まるなど、ちょっとした安達さんブームになっています」

     もっとも、ブームなんてしょせんは一過性のものと思いきや、「いやいや、安達さんの場合はまだまだこれからでしょうね」と、前出の山下氏が続ける。

    「2歳で芸能界デビューとキャリアが長い安達さんには、オールドファンから新規まで幅広い年齢層の支持がある。懐かしいという目で見るファンもいれば、いつまでどこまで可愛くいられるのかと興味津々で見つめる女性ファンも少なくない。まだ39歳。今後は“奇跡の40代”として話題になるでしょうし、その次は“奇跡のアラフィフ”が待っている。安達さんの“バブル”は始まったばかりかと」

     もちろんそれも、安達に高い演技力という“下地”があるからこそだろう。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6390991c27250ffb6e78add56bf331d36efe26dd


    【【悪女】安達祐実が39歳で“バブル”の様相 「黒革の手帖」の悪女役も大好評】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    『2020年 ブレイク女優ランキング』では
    1位が森七菜
    2位が浜辺美波
    3位が上白石萌音

    1 Egg ★ :2021/01/05(火) 06:44:52.48

    さまざまな若手女優がブレイクを果たした2020年。「ORICON NEWS」の恒例企画『2020年 ブレイク女優ランキング』では、1位が森七菜、2位が浜辺美波、3位が上白石萌音と、まさに旬の顔ぶれが並んでいた。2021年もこの3人の若手女優が活躍することは間違い無いだろう。

     森七菜は2020年前期のNHK朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役に抜擢。同年10月クールのドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)では連続ドラマ初主演を果たしている。

     また、森は『この恋あたためますか』の番宣で、共演者の中村倫也とともに10月15日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(同)に出演。天然ボケを炸裂させて反響を呼んだ。

     『この恋あたためますか』でコンビニ店員役を演じていることから、コンビニ店員の仕事を体験する企画に挑戦した森七菜。その中で、お客さん役の中村が、購入した猫砂とその他の商品を別々の袋に入れてほしいという意味で<猫砂と袋、分けてもらってもいいですか?>とお願いすると、森は猫砂の袋と中身を分けてほしいといわれたと勘違いして<ごめんなさい。ちょっと、そういうのはやってなくて>とお断り。バラエティでみせる天然キャラに、ネットでは「こんなに面白い子だったとは知らなかった」と再評価が相次いだ。

     浜辺美波は、2020年2月クールのドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)、同年8月クールのドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)でそれぞれ主演を務め、2021年1月クールの『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)では菅野美穂演じる主人公の娘役にキャスティングされている。

     2020年12月16日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、浜辺と親交のある2人組YouTuber・パパラピーズが、プライベートの浜辺について<ミーハーなんですよね。みんなが好きそうなイケメンが好き。モテるためにLINEのスタンプをいっぱい買っている>と暴露していたが、視聴者にとっては「イケメン好きなんて正直でいい」「可愛いんだからイケメン好きで当然」と好印象だったようだ。

     上白石萌音は、ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演となった2020年1月クールのドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で人気が急上昇。同ドラマでは、佐藤健演じるドSなドクターと上白石演じる新米ナースの甘いラブシーンが話題になり、佐藤と上白石があまりにもラブラブでお似合いだったことから「現実でも付き合ってほしい」と願う視聴者の声も少なくなかった。また、2021年後期のNHK朝ドラ『カムカムエヴリバデイ』では深津絵里、川栄李奈とともにヒロインを演じることも発表されており、その活躍はとどまるところを知らない。

     ただ、ブレイクすることによって、よくも悪くも注目されるようになり、その結果アンチが生まれることもあるのが芸能界の常。彼女たちも例外ではない。

     森七菜は、めざましい活躍ぶりでメディア露出が急増した結果、「ゴリ押し」と批判するアンチが出現した。しかし、森はさまざまなオーディションを突破して、映画やCMへの出演を勝ち取ってきた実力者だ。オーディション荒らしの異名を取るほどだったというのだから、ゴリ押しとは言えないだろう。何よりその演技を見れば一目瞭然だ。


    wezzy 2021年1月4日 12時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_84979/

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【若手女優】『森七菜』『浜辺美波』『上白石萌音』が「ゴリ押し」批判受ける若手女優の鬼門は?】の続きを読む

    このページのトップヘ