きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: タレント


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、プロデューサー、おっぱい 評論家 。女性アイドルグループ・=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループ・AKB48およびHKT48、STU48の元メンバーであり、AKB48の派生ユニット・Not
    107キロバイト (14,731 語) - 2021年1月8日 (金) 08:50



    (出典 encount.press)


    さっしー大勝利www

    1 jinjin ★

    激戦!女性バラエティタレント人気2021最新ランキング…フワちゃん、指原莉乃、滝沢カレンらランクイン


    バラエティタレントはいつも激戦!可愛いだけではなく、頭の回転の速さやコミュニケーション力、唯一無二の面白さが受けて、今年お茶の間の人気者になったバラエティタレントも多いですね!
    今回は、女性バラエティタレント人気ランキングをご紹介します!

    調査方法:10~60代の男女(性別回答しないを含む)11836人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。


    2021年もバラエティ女王に!第1位は指原莉乃!

    <投票者のコメント>
    「いろんな出演者に合わせる対応力がある」
    「芸能界(特にバラエティ)で生き残る術に長けているタレントだと思う」
    「バラエティー番組での役割をちゃんと理解していて完璧にこなしているのですごい」

    1位に輝いたのは、指原莉乃さんです!ユーモアを交えたトークに頭の回転の速さなど、タレントとしてのコミュニケーション能力が抜群に高い指原さん。
    現在は「今夜くらべてみました」「有吉反省会」などに出演中で、番組での持論がたびたびネットニュースになるなど発言力もありますね。
    アイドル時代からバラエティセンスがありましたが、今でも磨かれ続けているのがすごい!2021年もまだまだバラエティ女王として頂点に君臨する予感!


    2020年は大ブレイク!第2位はフワちゃん!
    <投票者のコメント>
    「明るいインテリ枠、新しい!」
    「コメント力が安定してる」
    「2020年もブレイクしたけど2021年も活躍してほしい」

    2位はフワちゃん!2019年に「ウチのガヤがすみません!」への出演がきっかけで注目を集め、2020年は「フワちゃん」が「新語・流行語大賞」のトップテンに選出されるほどのブームを巻き起こしました!
    テンションが高く、大御所にも物怖じせずタメ口トークでからむ芸風が受けて大ブレイク!「行列のできる法律相談所」「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」「グッとラック!」などに出演中です。


    独特の言葉遣いがおもしろすぎる!第3位は滝沢カレン!

    <投票者のコメント>
    「やはり抜群に面白いと思うから」
    「お笑い的な要素だけでなく、料理もバシバシ披露してほしい!」
    「嫌味が無くて、とっても清々しい」

    3位は滝沢カレンさん!2015年に「踊る!さんま御殿!!」に初登場し、「踊る! ヒット賞」を獲得。
    以後、独特の言葉遣いが注目を集め、バラエティ番組の人気者になりました!「伯山カレンの反省だ!!」にレギュラー出演し、「全力!脱力タイムズ」など不定期で出演しているバラエティ番組も多数!発言の面白さだけでなく、料理番組などでの活躍に期待する声もあがりました!

    4位以下には他にも、田中みな実さんや、生見愛瑠(めるる)さん、佐藤栞里さんなどがランクイン!あなたが好きなタレントは何位?


    【女性バラエティタレント人気2021最新ランキング】

    1位 指原莉乃(1,504票)
    2位 フワちゃん(1,243票)
    3位 滝沢カレン(694票)
    4位 田中みな実(691票)
    5位 池田美優(みちょぱ)(670票)
    6位 ファーストサマーウイカ(583票)
    7位 藤田ニコル(562票)
    8位 佐藤栞里(513票)
    9位 ゆきぽよ(木村有希)(501票)
    10位 朝日奈央(491票)
    11位 3時のヒロイン(467票)
    12位 小島瑠璃子(383票)
    13位 山之内すず(382票)
    14位 王林(りんご娘)(363票)
    15位 生見愛瑠(めるる)(339票)
    16位 丸山桂里奈(332票)
    17位 SHELLY(315票)
    18位 高橋ひかる(297票)
    19位 渋谷凪咲(NMB48)(294票)
    20位 岡田結実(283票)


    https://article.yahoo.co.jp/detail/e63442f3dcce54868c44ced6dd33cc8a05336750
    https://rankingoo.net/articles/owarai/20_245?utm_source=yahoo&utm_medium=referral_yh&utm_campaign=yh


    (出典 cdn.asagei.com)


    【【2021最新ランキング】指原莉乃「女性バラエティタレント人気ランキング」1位!!】の続きを読む


    橋本 マナミ(はしもと マナミ、1984年8月8日 - )は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。本名・細川 愛実(ほそかわ まなみ)。旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(はしもとまなみ)。 アービング所属(ハーモニープロモーション業務提携)。 大人びたセクシーさを売りにし「平成の団地妻」「愛人にしたい女No
    53キロバイト (7,402 語) - 2020年10月20日 (火) 13:42



    (出典 i.daily.jp)


    ほんと極限ww
    芸能人生かけてはりますwww

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/05(火) 16:15:30.62


    1/5(火) 15:20配信
    スポニチアネックス

    橋本マナミ

     タレントで女優の橋本マナミ(36)が5日、NHK総合「ごごナマ」(月~金曜後1・40)にゲスト出演し、芸能人生の転機になった極限セクシーグラビアについて語った。

     もともと女優志望で芸能界入りしたものの、来る役は死体役ばかり。それもどんどん減っていったという。「お芝居もない、歌手でもない、脱ぐしかないとなって」。覚悟して臨んだ仕事は、温泉で体を手ぬぐい1枚だけで隠すセクシーすぎるグラビアだった。現場に行くと「置いてあった衣装が、ひも、手ぬぐい、布みたいな。服がなかったんです」という状況だったが、「『これしかない。ここから始めないと、その後の仕事が続かないんだ』と思って、手ぬぐい1枚で臨んだんです」と覚悟を決めた。

     水着グラビアの経験はあったものの、ほぼ裸の撮影。両親の反対を押し切っての一大決心だった。「両親も反対して、『あなたはどこに行くの?』って心配しちゃって。『私にはこれしかないの』と言って、やらせてもらいました」。覚悟のグラビアは大反響を呼び、再びグラビアの仕事が舞い込むようになったという。「初めてだったんですよ、仕事が続いたのが。そこから自信になって、頑張りたいなと思って、1個1個積み上げていく感じだった」と振り返っていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8987b982dc716b0b6696481d52b8f95aa92953b5


    【<橋本マナミ>【驚愕の極限グラビア】衣装は「ヒモ」「手ぬぐい」「布」ww】の続きを読む


    【美脚】<小島瑠璃子>「超美脚スタイル」NEWSポストセブン2020年白Tシャツおしゃれ部門4位


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    40キロバイト (5,354 語) - 2020年12月16日 (水) 01:00



    (出典 www.horipro.co.jp)





    (出典 mamaicchi.com)

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)




    今は幸せいっぱいですねww

    【【美脚】<小島瑠璃子>「超美脚スタイル」NEWSポストセブン2020年白Tシャツおしゃれ部門4位】の続きを読む


     今年も様々なテーマを扱ってきた『ABEMA Prime』(月~金、午後9時~)。タレントの池澤あやかさんは、「コロナコロナコロナコロナで、コロナ一色の1年でした。諸外国に出かける機会だけでなく外出自体も減りましたし、外交のテーマも、アベプラでのテーマも含めて、とても内向的な一年にだったと思います。私としては、DIYサウナが捗る一年でした」と振り返る。

     今年のアベプラでは、普段はあまり取り上げられない角度から政治を考えた企画に触れ、刺激を受けたという。

     「兵庫県明石市の子育て政策の回に出演して、“地方行政って面白い!”と思いました。地方の行政は意外と柔軟でやれることが多く、革新的で効果のある政策を打っているところは、しっかり結果につながっているんだなあと思いました。逆にワンマンできちゃうと思うので、ヤバい地方行政もありそう。そっちも(怖いもの見たさで)知りたいです。連合の神津里季生会長が出演された回は、民主党の支持基盤についての知識が無だった私にとって、面白かったです。支持基盤と推進する政策の関連が見えてくると、政党の葛藤も見ることができて、政治に対する見方が変わりました」。

     また、「それから、オンライン授業は格差を解消すると言われてきたのに、勉強する習慣は家庭環境に依存するところが大きく、逆に格差が拡大することもあるというのは、辛いですね……。私としては、日常とITが切り離せなくなった昨今、警察など国の機関のITリテラシーってどうなの?って話は定期的にやってほしいです。その点では、コインハイブ事件を取り上げていただいて、ありがとうございました」と、プログラマとしても活躍する池澤さんらしいセレクトも。

     2021年に知りたい、議論してみたいテーマとしては、「少子化対策で不妊治療の保険適応などの進展はあったと思いますが、あくまで“産むフェーズ”に特化している印象がありました。選択式夫婦別姓の言葉が法案から削除されたり、児童手当が縮小されたりするなど、本腰を入れているとは思えません。特に今の戸籍制度を重んじたいという人の考えがよくわからないので、知りたいですね。また、日本の野党はなぜ弱いのかとか、野党はなぜ経済対策を語らないのかあたりが気になります。野党(主に立憲民主党)のオピニオン社会問題に偏っている気がします。視点には頷けることが多いけれど、個人的には経済対策やIT政策もちゃんと力を入れてほしいと思います。それから、政府が推進している副業、デジタル庁も!」と話した。

     さらに番組に対しては、「しばらくリモート出演が実践できたのは楽しかったですし、臨機応変に対応できたのは、さすがアベプラだなと思いました!ただ、リニューアルしてからメインMC全員男性だし、コメンテーターも女性が減った感がある。もう少し多様性があっても良いかも……!」とも提案していた。
    「少子化対策、政治が本腰を入れているとは思えません。もっと議論すべきです」池澤あやか #アベプラ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    池澤 あやか(いけざわ あやか、1991年7月28日 - )は、日本のタレント、エンジニア、プログラマー。本名、池澤 彩野花。 東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業。東宝芸能所属。 2006年1月9日、第6回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれる。オーディション合格直後から『ピ
    12キロバイト (1,333 語) - 2020年8月14日 (金) 13:11







    (出典 persol-tech-s.co.jp)

    (出典 takuokunndesuyotte.com)

    (出典 persol-tech-s.co.jp)

    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 www.si-ght.jp)


    少子化問題は特に深刻です。
    我が国だけではないですが・・。

    <ネットのコメント>

    【【苦言】池澤あやか <少子化対策>「政治が本腰を入れて、もっと議論すべきです」】の続きを読む

    このページのトップヘ