きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: アスリート


    航平の『』の文字がついたのは偶然なんですよ」と語っている。 2013年3月、出身地の諫早市に完成した諫早市中央体育館は内村の偉業を称え、その愛称を「内村記念アリーナ」とした。館内にはパネル展示コーナーが設置されている。 ^ “金メダリストの略歴=内村航平(体操男子個人総合)〔五輪・体操〕”
    42キロバイト (4,322 語) - 2021年1月13日 (水) 17:55



    (出典 thedigestweb.com)


    厳しい状況下でも
    アスリートたちは前を向いて頑張っておられます( ;∀;)
    想像できないくらい極限の精神状態でしょう・・・。
    応援してます♪

    1 Time Traveler ★

    東京オリンピックで自身4度目のオリンピック出場を目指す内村航平選手(32)が、日本テレビの独占取材に答えました。



    「日本の国民の皆さんがオリンピックができないという思いが80%を超えている。できないじゃなくて、どうやったらできるかを皆さんで考えて、どうにかできるようにしてほしいと僕は思います」

    批判覚悟で切なる思いを訴えた内村選手。その理由を「もしこの状況で五輪がなくなってしまったら、大げさに言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけてこの舞台に出るために僕だけじゃなく東京オリンピックを目指すアスリートはやってきている」と、東京五輪への強い思いを明かしました。

    https://www.news24.jp/articles/2021/01/23/09808737.html
    ※前スレ
    【五輪】内村航平「もしこの状況で五輪がなくなってしまったら、死ぬかも」 [Time Traveler★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611371119/


    【【五輪】内村航平「死ぬかもしれない・・」もしこの状況で五輪がなくなってしまったら・・・】の続きを読む


    【激シブ】
    ボクシング<井上尚弥>
    打つのも打たれるのも楽しくてしょうがないww


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。二児の父親。血液型A型。
    96キロバイト (13,034 語) - 2021年1月22日 (金) 16:00



    (出典 dot.asahi.com)


    メンタル強靭すぎwww
    Twitterでは↓↓ 【【激シブ】ボクシング<井上尚弥>打つのも打たれるのも楽しくてしょうがないww】の続きを読む


    元モデル『観月あこ』がテニス錦織圭と結婚していた!


    観月 あこ(みづき あこ、MIZUKI Ako、1991年10月20日 - )は、日本の元女優、元ファッションモデル。 旧芸名・立花 舞(たちばな まい)。 富山県生まれ。 立花 舞(たちばな まい)の芸名で、エイベックス・マネジメントに所属し、舞台『東京俳優市場(2012年冬)』でデビュー。ファッションモデルとして『神戸コレクション
    5キロバイト (506 語) - 2020年12月18日 (金) 11:45



    (出典 boku-tabi.com)


    何はともあれ、
    おめでとうございます!(^^♪






    (出典 i.daily.jp)

    (出典 pinky-honey.com)


    【元モデル『観月あこ』がテニス錦織圭と結婚していた!】の続きを読む


    両横綱【悲報】横綱審議委員会から「注意」

    「引退勧告」の次に思い決定ですね(-_-)

    NO.9045782 2020/11/23 21:50
    横審、3場所連続休場の白鵬と鶴竜の両横綱に「注意」…「来場所には覚悟を決めて」
    横審、3場所連続休場の白鵬と鶴竜の両横綱に「注意」…「来場所には覚悟を決めて」
    日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審=矢野弘典委員長)は23日、定例会合で11月場所を全休し3場所連続休場となった白鵬関(35)と鶴竜関(35)の両横綱に対し、横審の内規に基づく「注意」を全委員の総意として決議した。

    矢野委員長は「休場が多いので注意を与えて奮起を促すこととした。来場所には覚悟を決めて備えてもらいたい」と話した。

    内規では、成績不振や休場の多い横綱に対して、奮起を促す程度や再起の可能性の差に応じて、「激励・注意・引退勧告等をなす」とある。



    【日時】2020年11月23日 18:18
    【ソース】読売新聞
    【関連掲示板】


    【両横綱【悲報】横綱審議委員会から「注意」の決議】の続きを読む

    このページのトップヘ