きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ:TV > ドラマ


    ※1979年のテレビ放送作品を上映 相棒(東映) - 杉下右京 役 相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン(2008年5月1日) 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿(2009年3月28日) 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜(2010年12月23日) 相棒シリーズ X
    62キロバイト (8,093 語) - 2021年1月5日 (火) 17:41



    (出典 dorama9.com)


    我が家でも大人気です(^^♪

    1 ひかり ★

     13日に放送された俳優の水谷豊(68)主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season19」(水曜・午後9時)第12話の世帯平均視聴率が14・1%を記録したことが14日、分かった。個人視聴率は8・1%

     初回は17・9%の高視聴率でスタート。第2話は16・4%。第3話は16・3%。第4話は14・9%。第5話は13・8%。第6話は14・1%。第7話は12・3%。第8話は12・7%。第9話は13・8%。第10話は12・8%。元日スペシャルとして放送された第11話は16・1%と好調を維持している。

     警視庁特命係の杉下右京(水谷)が、相棒と息の合ったやり取りで難事件を捜査する人気シリーズ。2000年6月にスタートし、02年から連ドラ化。今作も相棒は法務省から出向の冠城亘(反町隆史)で、初代の寺脇康文に次ぐ6シーズン目に突入した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f01741045cf7beac3a5caf12b1d2c0eca8b8ce54


    【【視聴率好調】「相棒19」第12話視聴率は14・1%で高数字キープ】の続きを読む


    安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本の女優、タレントである。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。安達有里は実母。安達哲朗は実兄、安達大は異父弟。夫は、カメラマンの桑島智輝。 2歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCMなどで活躍した。子役としてデビ
    46キロバイト (5,952 語) - 2021年1月17日 (日) 05:09



    (出典 mi-mollet.com)


    奇跡の39歳??
    全然変わらないから不思議ww

    1 爆笑ゴリラ ★

    1/14(木) 9:26
    日刊ゲンダイDIGITAL

    安達祐実が39歳で“バブル”の様相 「黒革の手帖」の悪女役も大好評
    安達祐実(C)日刊ゲンダイ
    〈素敵な大人の女優として活躍されててすごい〉〈意外とハマってた!〉〈悪役の方がずっと映える〉――安達祐実(39)の評判がいい。

     7日に放送されたテレビ朝日系SPドラマ「黒革の手帖~拐帯行~」。安達が演じたのは高級クラブの雇われママ・レイナ役で、主人公のホステス・元子(武井咲)に、その座を追われるという役どころだった。

    「クラブを辞めてやけ酒をあおるレイナに、元子が金を渡すシーンがあって、レイナは『バカにすんなよ……』とすごむんです。童顔といわれる安達ですが、意外とタンカを切るのが似合うんですよ。安達の子役時代のドラマ『家なき子』を思い出しちゃいました」(ドラマ制作会社関係者)

    「同情するならカネをくれ!」と叫んでいた少女が、クラブのママを演じる大人の女に。ネット上では、武井と安達の“美の競演”などと褒めそやされていた。

    「黒革の手帖」に続いて2月公開予定の映画「樹海村」にも出演。女優業は順調で、安達が初プロデュースするアパレルブランド「虜 Torico」も昨年12月にリリースと、まさにノリにノッている。

    「安達さんは2016年に第2子を出産してからすっかり盛り返してきた印象ですね」と、芸能ライターの山下真夏氏がこう言う。

    「30代前半までは年齢の割に子どもっぽすぎるという評価が多かったように思いますが、30代半ばを過ぎた頃から、とりわけ同性の女性の見る目が変わってきた。よく考えてみたら、この年齢でこの可愛さはすごい、恐るべしと好感度も高まって女性誌に取り上げられるように。使っている化粧品や着ている服に注目が集まるなど、ちょっとした安達さんブームになっています」

     もっとも、ブームなんてしょせんは一過性のものと思いきや、「いやいや、安達さんの場合はまだまだこれからでしょうね」と、前出の山下氏が続ける。

    「2歳で芸能界デビューとキャリアが長い安達さんには、オールドファンから新規まで幅広い年齢層の支持がある。懐かしいという目で見るファンもいれば、いつまでどこまで可愛くいられるのかと興味津々で見つめる女性ファンも少なくない。まだ39歳。今後は“奇跡の40代”として話題になるでしょうし、その次は“奇跡のアラフィフ”が待っている。安達さんの“バブル”は始まったばかりかと」

     もちろんそれも、安達に高い演技力という“下地”があるからこそだろう。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6390991c27250ffb6e78add56bf331d36efe26dd


    【【悪女】安達祐実が39歳で“バブル”の様相 「黒革の手帖」の悪女役も大好評】の続きを読む


    【ドラマ】
    『知ってるワイフ』
    広瀬アリス“恐妻”に “夫”大倉忠義は過去に時間旅行


    知ってるワイフ』(しってるワイフ)(原題:아는 와이프)は、2018年8月1日から9月20日まで韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で毎週水曜・木曜に全16回に渡って放送されたテレビドラマ。演出はイ・サンヨプ、主演はチソン。結婚を後悔した恐妻家の男性がある日突然タイムスリップして妻を取り
    26キロバイト (2,914 語) - 2021年1月7日 (木) 03:53



    (出典 cdn.shortpixel.ai)





    (出典 img.cinematoday.jp)

    (出典 www.nikkansports.com)




    ファンタジーなラブストーリーに
    奇跡のような人生が・・・

    【【ドラマ】『知ってるワイフ』広瀬アリス“恐妻”に “夫”大倉忠義は過去に時間旅行】の続きを読む


    教場』(きょうじょう)は、長岡弘樹による警察学校を舞台とした日本の警察小説シリーズ。既刊は連作短編集3巻、長編1巻。「教場」とは、警察学校における「クラス」のこと。 『教場』『教場2』を原作としてフジテレビにてテレビドラマ化され、2020年1月に放送され、2021年1月、『教場II』が放送。
    51キロバイト (7,425 語) - 2021年1月5日 (火) 10:01



    (出典 fmax7.com)


    教場TVCM - YouTube

    (出典 Youtube)


    「女優みんな同じよう」←もっともww
    「おかしな生徒多すぎ」←確かにwww
    でも・・
    <フィクションです>
    なので、悪しからずww

    明石家さんまさんの登場シーンでなごみます(*^^*)

    1 jinjin ★ :2021/01/05(火) 00:55:24.95

    フジ「教場Ⅱ」にガッカリ感! ネット感想さんざん「女優みんな同じよう」「おかしな生徒多すぎ」の声


    きのう3日(2021年1月)に放送された木村拓哉主演のドラマ「教場Ⅱ」に、ネットでは「がっかりした」「警察学校なのにおかしな生徒が多すぎ」など、散々な声が投稿されている。
    昨年放送された「教場」の評判がよく、その続編として大々的に番宣が放送されていた。昨年末に前作の再放送があり、それを見た視聴者からは「パターンが同じ」「女優が皆同じに見える」といった声も。


    前作の高評価を引き継げたのか

    フジテレビ「教場Ⅱ」番組公式サイトより
    教場Ⅱは警察学校で"最恐"と言われる教官「風間公親(かざま・きみちか)」を木村拓哉が演じる。
    手元に常に退校届を持ち、適性のない生徒達に突きつける。冷酷無比ともみえる風間の内面には、常に危険に向き合う警察官としての自覚を生徒に植え付けたいという深い愛情が秘められており、その人物像は「木村自身の新境地」との高評価を得ていた。


    3日の放送では、神奈川県警第200期の生徒たちが、厳しい訓練の中で次第に不適格者がふるい落とされていく様を描いた。
    教官の風間はその洞察力で生徒たちの内面を読み、時にはわなを仕掛けて本性をあぶりだしていく。
    その神経戦は見ごたえがあり、冷徹な質問で精神的に追い詰めていく場面は、見ている者の心も動揺させる。



    だが、問題のある生徒たちのトラブルをあぶり出すパターンは前作と同じで、人物は異なっても既視感があり驚きに欠けた部分もあった。
    また、異様な生徒が多く「ありえない感」が強くなっていた。

    「警察学校なのに拷問まがいのいじめ?」「発想まともじゃない」
    その点にネットでも早速反応があり、残念だという感想が多かった。

    「警察学校で拷問まがいの犯罪、いじめ、盗み、時間の感覚が分からないとか。ダメ人間の寄せ集めみたい。入学前に体力テストもあるのに腕立て伏せ10回もできない子が入学できるがおかしい」

    「おかしな生徒が多くないだろうか?友達に裏切られたと思ったから拘束して蟻入りヘッドフォン付ける?? 発想が気持ち悪すぎてマトモじゃない。堂本が備品を盗んでた理由も分からない」

    「こんな人達が警察官になるって大丈夫か?てな内容でしたね。前回の方が演技力のある役者が多くて面白かった。今回は名前も知らないような人が多い。なんで宮坂君殉職させるのさ~。前回のキャストそんな風に扱わなくてもいいのに」

    「前作はピリッとした緊張感とミステリアスな人物描写そして演者の本気度が伝わる傑作だったので、ハードル上げ過ぎちゃったかな? いろいろとやり過ぎで不自然。あのおちゃらけキャラいる? 掲示板探して走り回るなんて完全に壊れてる。違和感しかない」



    「女優さんの区別つかない」「誰が誰なの、整理している間に話が進んで...」

    また出演した女生徒たちがみな髪型が似ていて、区別がつかなかったとの声も。

    「女子達の特徴がイマイチ掴みづらく、同じような顔に見えてしまう子が何人もいた」

    「前作では生徒役の役者さんが他のドラマにも多く出演されていて識別できたのでストーリーも頭に入ったけど、今回は数名を除いてほぼ無名。特に女子は髪型も似ていてストーリーよりも前にまず誰が誰なの?この子とさっきの子は違うの??と整理している間に話しは進んでしまって。疲れました」


    https://www.j-cast.com/tv/2021/01/04402259.html?p=all


    【【悲報】ガッカリ!?『キムタク』主演『教場Ⅱ』にネットで悪評。。】の続きを読む

    このページのトップヘ