きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: Youtube


    【YouTuber戦国時代】『はじめしゃちょー』チャンネル登録者数国内3位に転落!


    はじめしゃちょー(1993年〈平成5年〉2月14日 - )は、日本の男性YouTuber。UUUM所属。本名は江田 元(えだ はじめ)。 愛称は、はじめん、もやし。血液型はAB型、はじをなど。 1993年2月14日、富山県砺波市にて出生。元気でいてほしいとの思いから「元」と名付けられた。
    37キロバイト (4,503 語) - 2021年1月5日 (火) 13:49



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    それでも『はじめん』3位!
    わかりませんwwww

    ツイッターでは↓↓

    【【YouTuber戦国時代】『はじめしゃちょー』チャンネル登録者数国内3位に転落!】の続きを読む


    【動画】女優『橋本愛』
    ピュアな歌声<THE FIRST TAKE>で
    「木綿のハンカチーフ」一発録り


    橋本 (はしもと あい、1996年1月12日 - )は、日本の女優。熊本県熊本市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3姉妹の次女として生まれ、2008年、姉妹の中で一番顔が濃いという理由で母が応募したニューカム「HUAHUAオーデション」にてグランプリを受賞し、芸能界デビュー。自分のオー
    40キロバイト (4,971 語) - 2020年12月18日 (金) 10:18



    (出典 www.crank-in.net)



    ほんとピュアな歌声が素敵です(^^♪

    【【動画】女優『橋本愛』ピュアな歌声<THE FIRST TAKE>で「木綿のハンカチーフ」一発録り】の続きを読む


    フワちゃん、都大会3位の俊足少女時代! フワママ&フワ叔母も活躍に「うれしい」”. 週刊女性 (2020年6月3日). 2020年6月4日閲覧。 ^ Wikipediaの真偽を確かめるフワちゃん - YouTube ^ a b c “「生きていることがエンタメに」ユーチューバー芸人・フワちゃんがバズるワケ”
    25キロバイト (3,696 語) - 2020年12月22日 (火) 11:54



    (出典 www.crank-in.net)


    凄いフォロワー数ですが、
    女が嫌いな・・は意外でしたね・・・。

    1 muffin ★ :2020/12/23(水) 17:28:28.02

    https://times.abema.tv/news-article/8639218
    2020.12.23 16:26

    お笑いタレントでYouTuberのフワちゃんが12月22日、自身のTwitterを更新。『女が嫌いな女ランキング』で1位に選ばれていたことを明かし、反響を呼んでいる。

    フワちゃんは「えまってなんか通知きた あたしくさいんだけど」とコメントとともにスマホのスクリーンショットを公開。そこには“「女が嫌いな女」1位はあのタメ口タレント!”という通知とフワちゃんの画像が表示されていた。
     
     この投稿にフォロワーから、「私は好き!フワちゃん見てたら元気になる!」「女だけどフワちゃん大好きすぎる」「それでも95万人近くフォロワーいるのすげえ」「私は好きだから覚えといてね」「好きの反対は無関心だから、みんなフワちゃん大好きってことか!」など応援メッセージが殺到。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ランキング】<女が嫌いな女>1位は『フワちゃん』に「それでも95万人近くフォロワーいるのすげえ」】の続きを読む


     一時期より減ってはいるものの、いまだに大胆な行動をして注目を集めようとするユーチューバーは多い。海外には橋の上から飛び降りて大怪我を負ったユーチューバーがいる。

     アメリカ・テキサス州で、ユーチューバーの若い男性が約100フィート(約30メートル)の高さの橋の上から身一つで飛び降りた動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿し、物議を醸していると海外ニュースサイト『New York Post』と『THE Sun』が11月30日までに報じた。動画は11月27日に投稿されたが、現在は削除されている。それでもYouTubeを観た人が何らかの方法で動画を共有し、SNSで拡散され続けている。

     ​>>「閉店の2分前に注文」雑にハンバーガーを作る動画をTikTokに投稿、批判が殺到<<​​​

     報道によると動画には、同州に流れるコロラド川に架かる橋から飛び降りようと、男性がカメラを構えて動画を撮影している別の人物とともに、車でコロラド川に向かう様子から始まっているという。男性は車の中で「この動画が、あなたが夢を追いかけるきっかけになってほしい」と語っていた。

     その後の動画には、男性が川に到着すると、川に架かるアーチ状の橋の、アーチ部分の一番高いところに登り、そこから川に向かって飛び降りる様子が映っている。男性はハーネスなどをつけておらず、身一つで飛び降りている。男性がどのようにして登ったのかは動画には映っておらず、不明である。男性が飛び降りる様子は、同行していた撮影者が遠くから撮影していた。

     動画の中で男性は、頭から川に落ちているが、たまたま水上にいたボートに乗っていた人によって救助される様子も動画に映っている。動画の中で、その後男性は病院に運ばれ頭蓋骨骨折と診断されたと明かしている。

     動画はYouTubeに投稿されたが、利用規約違反を理由にすぐに削除された。なお、報道によると、男性は3日間入院したが、現在は退院して回復に努めているそうだ。

     『THE Sun』によると、コロラド川に架かる橋から飛び降りることは違法だが、男性が飛び降りたことに関して警察が捜査を開始しているかどうかは不明だという。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「もし落下地点に人がいたら大事故になっていた。馬鹿げた行為」「また無茶をするユーチューバーが出た。こういうユーチューバーは厳しく取り締まるべき」「この動画が夢を追いかけるきっかけになるわけがない。精神に異常がないか疑う」などの声が挙がっていた。

     海外には高所から飛び降りたユーチューバーがほかにもいる。

     ウクライナに住むユーチューバーの当時15歳の少年が、14階建てのビルから自家製のパラシュートを使って飛び降り、死亡したと海外ニュースサイト『Tribunist』が2018年12月に報じた。同記事によると、少年は自家製のパラシュートをつけ、高さ約140フィート(約42メートル)の14階のビルから飛び降りたという。自家製のパラシュートが具体的にどのようなものだったかは明かされていないが、パラシュートと呼ぶには明らかに不十分だったそうだ。

     少年は背中から地面にたたき付けられ、即死した。地上には多くの大人がいて、少年の挑戦を応援していた。地上で応援する大人の中には、少年の母親もいたという。地上にいた大人や母親が罪に問われたかどうかは明かされていない。

     YouTubeガイドラインが厳しくなったことにより、最近では不適切な動画はすぐに削除される傾向にある。それにもかかわらず、YouTubeを通じて無謀な挑戦をしようとするユーチューバーは後を絶たないようだ。

    記事内の引用について
    YouTuber ‘chasing dreams’ fractures skull during jump from Texas bridge」(New York Post)より
    https://nypost.com/2020/11/30/youtuber-fractures-skull-during-jump-from-texas-bridge/
    「DEADLY STUNT YouTuber shatters skull jumping off 100ft bridge with no bungee after posting ‘there’s no fun in living a normal life’」(THE Sun)より
    https://www.the-sun.com/news/1880916/youtuber-shatters-skull-jumping-100ft-bridge/
    YouTuber Jumps from Building Using Homemade Parachute. It Never Opens.」(Tribunist)より
    https://tribunist.com/news/youtuber-jumps-from-building-using-homemade-parachute-it-never-opens-video/

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 3.bp.blogspot.com)

    画像はイメージです


    無茶するのが「夢を追いかける」ことではないですからね(-_-)

    <ネットのコメント>

    【【大炎上】橋の上から飛び降り頭蓋骨骨折のユーチューバーが呆れた発言を・・】の続きを読む

    このページのトップヘ