きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: スクープ


    Snow Man(スノーマン)は、日本の男性アイドルグループ。所属事務所はジャニーズ事務所、所属レコードレーベルはavex trax。2012年結成。アクロバットとダンスを得意とし、舞台を中心に活動している。2020年1月22日にシングル「D.D. /Imitation Rain」でデビュー。
    71キロバイト (7,907 語) - 2020年12月23日 (水) 10:20



    (出典 img.imageimg.net)


    芸能界もコロナで大混乱、、
    早く収束して欲しいですね・・・

    1 ひかり ★ :2020/12/23(水) 18:39:13.97

     宮舘涼太(27)の新型コロナウイルス感染が判明し、メンバー8人が濃厚接触者に該当したアイドルグループ「Snow Man」の「第71回NHK紅白歌合戦」への出場が取りやめになる見込みとなった。

     同局関係者は「現在紅白出場については、検討中」としたが、番組関係者は「濃厚接触で2週間は隔離が必要になる。リハーサルが29日から始まることを考えても、出場はできない」と、話し合いの末に取りやめが決まった模様だ。

     Snow Manは21日に宮舘の感染が判明。23日にはメンバー8人が濃厚接触者に該当したため、隔離生活により経過を観察することが発表された。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/173f8fcf589f8edb524e288ba0c5e63bc5d38f98


    (出典 i.pinimg.com)


    【コロナ禍【悲報】『Snow Man』紅白出場取り止めに メンバー8人が濃厚接触者に該当】の続きを読む


    コロナはウソ」などとして、PCR検査などに抗議するデモが東京都内などで行われ、ツイッターでその写真が拡散して波紋が広がっている。

    デモを行った複数のグループは、ネット上で賛同者を集めて活動しているようだ。これらのグループには、一体どんな意図があるのだろうか。

    プラカード持った十数人が...

    マスクは無意味!むしろ健康に悪い」「インチPCRすぐやめろ」...。東京・新橋の民間検査所「新型コロナPCR検査センター」前では2020年12月13日日曜日昼過ぎ、男女十数人がこう印字されたプラカードを持って並んだ。

    こんな内容を訴えるだけに、これらの男女は、マスクはしていない。グループのうちの1つのスタッフツイッターに投稿した動画などによると、男女は、街頭でチラシを配り、「マスクを外して、笑顔を交わしちゃいましょう!」などと大声で呼びかけていた。

    このグループ自体のツイッターにも、当日の写真がいくつか投稿されており、それらが16日になって拡散されて、独自の主張に驚きの声が上がっていた。

    ネット掲示板などでは、どんなグループなのかについても、様々な推測がされている。

    新型コロナウイルスをめぐる陰謀論は世界中で拡散しており、反ワクチン、反マスクなどといった主張は、米国のトランプ大統領を信奉する「Qアノン」と呼ばれる一連の陰謀論と相互に影響しあっていることも指摘されている。

    このグループツイッターブログなどを見ると、ウイルスの存在がまだはっきりしないと主張し、政府などが過度の自粛を強いるのはおかしいと批判している。特定の政党や宗教との関わりを否定し、コロナ禍の中で政府が進める「新しい生活様式」への反対を表明したほか、食や薬害などの問題にも取り組んでいるという。

    「客が並んでいたので、マスクを外していたのなら困る」

    このグループは、これまでに都内などで、同様な抗議デモを行っているといい、ツイッターにその様子の写真を投稿していた。

    もう1つのグループも、フェイスブックなどで、似たような思想を掲げ、毎月のように抗議デモを行っていると明かしている。

    店の前でデモがあったPCR検査センターを運営する大手工務店「木下グループ」では12月17日、デモは14日にもあったとして、広報担当者がJ-CASTニュースの取材にこう話した。

    「公道ですので、制止できませんが、ご迷惑がかからないようにお客さまのケアをしました。店に入れなかったとは聞いていませんが、マスクを外していたとすれば、お客さまが数人並んでいましたので、困りますね。初日は突然デモが始まり、2日目は事前情報がありましたので、警戒していました。どんな人たちなのかは、分からないです」

    J-CASTニュースでは、写真投稿したグループに取材依頼したが、17日夕までには連絡はなかった。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    デモがターゲットにした「新しい生活様式」(政府広報オンラインから)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 tagayasu.life)


    「マスクは無意味」とか「PCRはインチキ」とか・・・
    荒れてしまってますね・・。
    早く収束して欲しいですね(-_-)

    ネットの反応は↓↓

    【衝撃!【悲報】「マスク外そう」とデモ集団がPCR検査所に押し掛けた!】の続きを読む


     宇宙航空研究開発機構JAXA)は12月15日小惑星探査機「はやぶさ2」カプセルから採取したガスが、小惑星リュウグウ由来だと確認したと発表した。ガスを分析した結果、地球の大気成分とは異なることが分かったという。

    【その他の画像】

     地球圏外から気体状態の物質のサンプルリターンは世界で初めてという。

     カプセル12月6日に地球に帰還。オーストラリア・ウーメラ地区で回収された。その後、JAXAが現地に設置した「Quick Look Facility」と呼ばれる分析エリアで、サンプルコンテナ内から発生し続けていたガスを速やかに捕集・分析できたという。

     カプセルは8日、JAXA相模原キャンパス神奈川県)に移送。同様の分析を、相模原キャンパスの「地球外試料キュレーションセンター」で11、12日に行った結果、豪州で行ったのと同じ分析結果が出たため、ガスは小惑星リュウグウ由来と結論付けた。

     JAXAは今後、ガスの分子組成や同位体組成の詳細な分析を行っていく。また、コンテナの開封作業も続ける。

    JAXAが豪州ウーメラ現地本部に持ち込んだ、ガスを分析するための装置


    (出典 news.nicovideo.jp)

    はやぶさ2、小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発れた小惑星探査機である。地球近傍小惑星 「リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンを行った。「はやぶさ2」という名称探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。
    80キロバイト (11,971 語) - 2020年12月16日 (水) 14:36



    (出典 assets.media-platform.com)


    凄い快挙!!
    っていうか、次のミッション続行には驚きww

    <ネットのコメント>

    【世界初!【歓喜】小惑星探査機「はやぶさ2」が「リュウグウのガスを持ち帰った」】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    口パクのパフォーマンスは多くありますww
    珍しくもなんともない・・
    生で歌うことがそんなに重要?ww

    1 首都圏の虎 ★ :2020/12/16(水) 18:58:35.23

    12月11日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)2時間SPで、今月末で活動休止する『嵐』が放送時間の半分である1時間まるごと特集された。そのパフォーマンスをめぐって、これまで何度となく取り沙汰されてきた〝口パク〟問題が再燃している。

    この日は、1999年のデビューから21年間で全138回にのぼるこれまでの出演映像を振り返るとともに、メンバー本人が選りすぐった11曲の楽曲を生パフォーマンス。『A・RA・SHI』や『Love so sweet』といった誰もが知る名曲のほか、11月3日に発売された嵐の17枚目のアルバム『This is 嵐』に収録されている『The Music Never Ends』を歌唱した。披露中、目に涙を潤ませながら歌唱するメンバーの姿に、視聴者からは《もらい泣きした》との感涙の声があがるなど、特集にふさわしいラストを迎えたのだった。

    「話題になっているのは、今回の歌唱が〝生歌か口パクか〟という点。多くのファンは〝ほとんどの曲が生歌だったが『The Music Never Ends』だけは口パク〟という意見で一致しているようです。ちなみに、生歌に関しては《今日下手ね。生歌なのですね》《活休しなかったら一生口パクで通してた可能性もあるから、生歌聞けるようになったのは不幸中の幸いかも》などと厳しい指摘があがっていました」(ネットメディア編集)

    嵐は存在してることに意味がある?
    そして〝口パク疑惑〟があがった「The Music Never Ends」に関しては、

    《翔くんのソロパート口元と音明らかに合ってませんでしたので、少なくともそこは確実に口パクといえますね…》
    《嵐最後口パクじゃなかったら最高だった》

    などとガッカリする声が続出。よもや〝生歌でも口パクでも叩かれてしまう〟現象に対しファンからは、

    《口パクだろうが生歌だろうが、嵐が存在してることに意味があるんだと思います》
    《20年もやってると、歌もダンスも口パクや手抜きしなくていいレベルにはなるよな》
    《嵐が口パクだと文句言うし、生歌だと下手だと文句言うし、もうなんなの子どものイヤイヤ期と同じじゃんと思ってしまう。笑》

    などと、無理くり擁護する声もあがっている。

    20年活動しても歌唱力があがらず、最後まで口パクに頼ったと考えると、やはりアイドルはパフォーマーであっても、アーティストではないようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/235651

    (出典 myjitsu.jp)


    【Mステ【嵐】ファンが必死の擁護“口パク疑惑”再燃か?】の続きを読む

    このページのトップヘ