きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: 暮らし・生活


     2020年振り返り、翌年に持ち越したくない言葉を選ぶ「#流行禁句大賞2020」のノミネート禁句が発表されました。「コロナはただの風邪」「日本には人種差別などない」「なんで鬼滅観てないの」など、強烈な印象を残した言葉が並んでいます。

    【画像】ノミネートされた言葉

     「#流行禁句大賞2020」を主催する「21世紀学び研究所」は、企画の目的は大賞を決定することではなく、多様な人の立場に立って考え、話し合うことだとしています。

     ノミネートされた言葉は全部で20句。情報番組やSNSアンケートから「言われたら嫌」「使わないようにしよう」と思う言葉を収集し、4人の審査員が選出しました。

     足立区議員が議会で発言した「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」、BLM運動やナイキのCMで浮き彫りとなった「日本には人種差別などない」、中年男性への偏見に満ちた「こども部屋おじさんヤバい」ほか、差別意識から生まれた用語が多数ノミネート。

     また「医療従事者の子ども保育園通わせないで」「他県のナンバープレート来んな」「ごめんしばらく帰省しないで」など、COVID-19新型コロナウイルス感染症)関連の用語が多くノミネートされた背景には、心無い発言を持ち越したくない思いに加え、事態の収束を願う意味も込められています。

     ノミネート禁句と審査員は以下の通り。12月17日から27日までの期間に最もツイート数が多かった言葉が大賞に決定します。

    ●ノミネート禁句

    ・「医療従事者の子ども保育園通わせないで」

    ・「俺は家事も育児もやっている方」

    ・「今日も家にいるの?」

    ・「介護士は休むな」

    ・「こども部屋おじさんヤバい」

    ・「ごめんしばらく帰省しないで」

    ・「コロナにかかってごめんなさい

    ・「コロナにつき外国人お断り」

    ・「コロナはただの風邪」

    ・「女性はいくらでも嘘をつける」

    ・「スポーツ選手は政治的発言をするな」

    ・「他県のナンバープレート来んな」

    ・「なんで鬼滅観てないの」

    ・「日本には人種差別などない」

    ・「誹謗中傷される方も悪い」

    ・「夜の街は全店営業を停止しろ」

    ・「リモート授業でラッキーだね」

    ・「リモートワークはサボるから禁止」

    ・「レズやゲイが法律で守られたら足立区は滅びる」

    ・「若者がコロナを広げている」

    ●審査員

    ・軍地彩弓(編集者ファッションクリエイティブ・ディレクター

    津田大介ジャーナリストメディアアクティビスト、ポリタス編集長)

    ヨッピーライター

    ・熊平美香(一般社団法人 21 世紀学び研究所 代表理事)

    来年に持ち越したくない言葉をチョイス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 t12.pimg.jp)


    持ち越したくないこと・・
    いっぱい有り過ぎww

    <ネットのコメント>

    【【強烈】『流行禁句大賞2020』来年に持ち越したくない「コロナはただの風邪」「なんで鬼滅観てないの」】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    その医療従事者を支える術を考えましょう。
    ハードルの低い一般向けの医療資格とかを設けて、
    看護師さんたちの補佐を務めるなど・・
    命を預かる仕事ですから簡単にはいかないでしょうけど・・。
    何か一筋でもアイディアがあれば・・。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/06(日) 15:24:17.44

    12/6(日) 13:04配信
    スポニチアネックス

    堀江貴文氏

     実業家・堀江貴文氏(48)が6日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。新型コロナウイルスが原因で医師・看護職員が不足し、医療現場がひっ迫している現状についてコメント。職員不足を解消するためには「医療従事者の報酬を5倍に」と提言した。

     「お金で解決するうんぬんじゃないんだけど、今多分そんなに給料がめちゃくちゃ上がってるわけじゃないのに、めっちゃ大変なとこ行かされて。命を助ける仕事をしたくてやっているから、それはそれでいいと思うんですけど、多分、家族が差別されると思う。『お前のお母さんコロナの病院で働いてるだろ』みたいな。でも(報酬が)5倍、10倍あったら、行く人は行くと思う。そういうふうにしない限りは、今の給料体系だと多分絶対にひっ迫しますよね」と指摘。「Go Toなんかに比べたら微々たるもの。1、2兆円かけるだけで全然違う」と続けた。

     共演者の医学博士・奥仲哲弥氏は「看護師の離職を防ぐにはものすごくいい提案です。全国の施設病院のボーナスは下がっていますので、それを補填するぐらいのことを政府にやっていただくと、すごくいい話」と堀江氏の意見に太鼓判。「多分、全国医療従事者の、堀江さんへの好感度は非常に上がっていると思います」と笑わせていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=480&h=640&q=90&exp=10800&pri=l
    https://news.yahoo.co.jp/articles/637b2b4543b449c6cbb730593a177861fafb9300


    【【コロナ問題】ホリエモン提案『医療従事者の不足』に「報酬を5倍に」】の続きを読む


    小学生(paylessimages/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

    3日、株式会社ベネッセコーポレーションの通信教育講座「進研ゼミ小学講座」が、2020年の出来事などに関して小学生に意識調査した結果を発表。その中のひとつ「あこがれの人」ランキングに注目が集まっている。


    ■1位には『鬼滅』竈門炭治郎

    2020年小学生のあこがれの人ランキング1位には、社会現象を巻き起こした大人気作品『鬼滅の刃』の主人公竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が選ばれた。

    トップ10のうち7人が胡蝶しのぶこちょう・しのぶ)、冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)など、『鬼滅』のキャラクターとなっており、同作品の人気がうかがえる。

    この結果に、SNS上には「鬼滅すごすぎる」「炭治郎に憧れるのはわかるなぁ」「鬼滅の人気ランキングかと」といった驚きや共感のコメントが続出した。


    関連記事:『鬼滅の刃』未読者、「主人公が天狗にボコられる作品」と誤解する事象相次ぐ

    ■2位の「お母さん」に称賛

    『鬼滅』キャラクターが台頭した今年のあこがれの人ランキングだったが、2位に「お母さん」、4位に「先生」、5位に「お父さん」がランクインしている。

    人気キャラの中でも対等に渡り合うお母さんの偉大さに「これだけアニメキャラがいるのにお母さんお父さん先生いるのすごいな」「鬼殺隊に割り込む母父教師強すぎる」と称賛のコメントが多く寄せられた。


    ■半数以上が「親を尊敬している」

    多くの小学生も尊敬していると答えた両親だが、世間の人々は両親について、どう考えているだろうか。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査したところ、全体の55.3%の人が「両親を尊敬している」と回答している。

    親を尊敬

    改めて感じる『鬼滅』人気と親の偉大さ。愛情を込めて育ててくれた親への尊敬や感謝は忘れずに恩返ししたいものだ。

    ・合わせて読みたい→「炭治郎のネルシャツ」と話題の一着 ユニクロ店頭で最も品薄なカラーは…

    (文/しらべぇ編集部・Aomi

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年7月3日2020年7月7日
    対象:全国10代~60代の男女2,168名 (有効回答数)

    小学生のあこがれの人物第1位は『鬼滅』竈門炭治郎 2位に称賛の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.sansuido.co.jp)


    なんともホッコリな記事ですねぇ~

    ネットの反応は?↓↓

    【☆ランキング☆『小学生の憧れの人物』第1位:炭治郎 そして2位は?ww】の続きを読む


    スーパーマーケットドラッグストアなどの「コロナカスハラ」の実態が明らかになった。

    客が従業員への威圧的な言動や理不尽な要求を突きつける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)について、約2万7000人の労働者を対象にした実態調査結果が12月3日、発表された。

    調査結果からは、「汚い手で触るんじゃねえ!」など、耳を塞ぎたくなるような、数々のハラスメント明らかに。調査対象者の5人に1人がコロナ関連のカスハラを受けた経験があることがわかった。

    産業別労働組合「UAゼンセン」が、流通・小売業・飲食・医療・サービス業などで働く組合員2万6297人を対象に、2020年7月10日9月23日の期間、アンケート調査を実施した。

    コロナ禍において、カスハラは増加傾向にある」と結論づけ、早急な法整備の必要性を訴えた。コロナ禍で、精神疾患を発症するなどの深刻な被害を受けていることがわかった。

    直近2年以内で、新型コロナ関連の迷惑行為を受けた人は「5人に1人」

    UAゼンセンが12月3日、調査結果を報告した。

    「直近2年以内に、迷惑行為(カスハラ)があった」と回答したのは、56.7%(1万5256人)だった。

    その迷惑行為がコロナに関係するものだったとしたのは、35.9%(5477人)であり、これは調査対象者全体の20.3%にあたる。

    コロナカスハラ泣いた業種は

    コロナの影響によるカスハラは、業種ごとに差が現れた。業種別の「コロナの影響による迷惑行為」を見ると、「ドラッグストア関連」の業種では特に、66.6%(1201件)が「あった」と回答した。「なかった」と回答したのは33.4%(602人)。

    次いで、「あった」の割合が多い業種は、「スーパーマーケット」(43.0%)、「GMS=総合スーパー」(40.7%)、「ホテル・レジャー」(35.8%)となる。コロナ禍でも営業を続けていた業種で、大きな被害が目立つ。

    よくカスハラをするのは「圧倒的に中高年以上の男性」だった。

    次に、カスハラをしていた顧客の性別・推定年齢をみていく。男性は74.8%、女性は23.4%。年代は10代(0.2%)、20代(2.0%)、30代(8.6%)、40代(18.9%)、50代(30.8%)、60代(28.0%)、70代(11.5%)となる。

    調査では、「主に40〜70代の男性がカスハラをする」と結論づけた。

    この理由について、UAゼンセンによると、中高年の男性は、いろいろな知識をすでに持っているため、サービスを受けた時に、しつこくクレームをしたり、対応を迫ったりする傾向にあるのだという。

    診療内科に行く人も

    カスハラが起きたきっかけは、「接客やサービスのミス」「商品の欠陥」など提供側に問題があるのは34.2%で、「顧客のいやがらせ・勘違い」など客側に問題があるのは48.3%だった。

    そのような行為によって、約95%の人が不快と感じたと回答。寝不足が続いたり、実際に心療内科に行ったりした人もいた。

    コロナカスハラの事例

    レジで商品をスキャンする際、ペットボトルの上部の蓋の部分を持ったところ、「どこ触ってんだ! 汚い手で触るんじゃねえ!」と怒鳴られた。(ドラッグ

    「遠くから来たのにマスクがない! あなた達は自分の分は確保しているのだろう。何時のトラックで、荷物は来るのか! 隠しているのなら、早く出しなさい!」といつまでも叱責された。(GMS

    一度口に入れた料理をおしぼりに吐き出し、そのおしぼりを下げろと強要し更には「はい、コロナコロナ」と発言。(居酒屋

    酔っているお客様からの申し出に対し謝罪したが、マスクを取って謝れと、マスクを取っているお客様に至近距離で大声を要求された。(居酒屋



    対策は不十分

    企業がマニュアルの整備や専門部署の設置など、なんらかの対策をしているのは約6割にとどまるという。

    そのうえで、UAゼンセンは、コロナ禍カスハラはさらに増加する可能性があると警鐘を鳴らす。政府による支援策「GoTo」事業によって、店舗での混雑が予想され、密な状態に備えた対策が必要とした。

    企業における防止対策の徹底とともに、カスハラ防止のための法整備の必要性もあるとした。

    「企業ごとに、対策にはバラつきがあり、企業によって対策できない消費者の行動もある。悪質なクレーマーを規制するような法整備が必要ではないか」

    お客様はもう神様じゃないんだ

    犯罪心理学を専門とする東洋大学の桐生正幸教授は、「お客様は神様じゃない。同等の立場であるという社会的理念をそろそろ形成しなければいけない。それがあってはじめて法整備に進むべき」と話した。

    「声が小さい。マスクとって謝れ!」コロナ禍の"カスハラ”、5人に1人が被害 小売・サービス業


    (出典 news.nicovideo.jp)

    クレーム (カスハラからのリダイレクト)
    2015年7月9日閲覧。 ^ お客様は神様?カスタマーハラスメント産業保険新聞 2014年7月4日 ^ 飲食店の「カスハラ」傾向と対策。悪質クレーマーからスタッフを守るには? Foodist 2019年1月18日 ^ 2018年2月21日 第8回「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」議事録厚生労働省
    37キロバイト (5,613 語) - 2020年8月7日 (金) 13:20



    (出典 www.asahicom.jp)


    ま、昔からこういう輩はいましたけど、
    コロナ渦で急激に増えているのでしょうか?
    つらいですね・・・。

    <ネットのコメント>

    【コロナ渦【悲報】理不尽:サービス業の店員さんたちが被害に『カスタマーハラスメント』】の続きを読む

    このページのトップヘ