きになる芸能ちゃんねる

タレントやアーティストなど
芸能関連ニュース
気になる噂の情報やTwitterの声
映画やCM出演
2chのまとめ・・
芸能関連ニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ: 動物


     ネコたちと専門家が本気でテストした「神ネコグッズ大賞2020-2021」を、ネコ雑誌『ネコDK the Best』(晋遊舎ムック11月26日発売)が発表しました。価格はムック版が980円kindle版が950円です(いずれも税込)。

    【画像:神ネコグッズ】

     『ネコDK』は、テストする女性誌『LDK』のネコ版。5年ほど前から定期的に発売しており、『LDK』同様“広告無しだからやらせや忖度も無し”という辛口の誌面構成が特徴です。

     巻頭特集「神ネコグッズ大賞2020-2021」は専門家による徹底テストと多数のネコ飼いさんの声から厳選したグッズを紹介するコーナー。ツメとぎやブラシなどの小物、年代別のフード、食器、給水器、おもちゃキャリーケースなど幅広いアイテムを取り上げています。

     例えばネコ用ドライフード部門では、ネコたちの食いつきだけでなく、専門家による原材料・成分値チェックを点数化してランキング。質・味・価格の面から、ネコにとってどれがよいフードなのかを検証しています。

     中にはテストしたらがっかりだった「ざんねんなネコグッズ大賞」というページも。実際にネコカフェに置いて使用頻度を調べたり、ネコたちの反応や使い心地を確かめたりした結果が紹介されています。冬本番に向けて、冬用ベッドペット用ヒーターの辛口採点簿のページも。購入前にマイナスポイントが分かるのは助かります。

     誌面の後半には「ネコ飼いさんのお掃除、プロが教える大正解」や「ネコが本当に快適な寒さ対策」、「泌尿器系の病気を防ぐ3つのルール」などのネコと暮らすにあたって役立つ特集も。ネコちゃんも飼い主もうれしい情報が、ネコちゃんと過ごすお家時間を充実させてくれそうです。『ネコDK the Best』は全96ページ。全国の書店のほか、コンビニAmazonなどのネット書店で販売中です。

    ネコたちが実際にテストしました


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 stat.ameba.jp)


    うちの子は巻き尺で大興奮ですww

    <ネットのコメント>

    【<神ネコグッズ大賞>猫ちゃんと専門家がガチ検証ww猫がマジ喜ぶ「ネコDK the Best」】の続きを読む


     窓際で眠る猫の寝相が面白いことになっています。これは二度見してしまう。

    【画像】猫の不思議なポーズ

     米ペンシルバニアスクラントン在住の撮影者が愛犬と散歩していたときのこと。友人宅の前を通りかかると、面白い光景を目にしました。

     それは窓際で眠る友人宅の猫の姿。窓に両前足をかけて眠る猫は、肉球で陽の光を吸収しているような、はたまた空に飛び立つスーパーマンのような、不思議ポーズで眠っています。

     撮影者は思わず足を止め、携帯電話を構えたそうです。こんなかわいい姿をたまたま見かけるなんて、撮影者はラッキーですね。

     そのときの状況を「素晴らしかった」と伝える撮影者。その日がとても心地よい気候であったことが、猫のポーズと表情から存分に伝わります。

    何か変なポーズをしているぞ……!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.worldranch.co.jp)


    空を飛んでる夢をみてるのかニャー?
    ニャンとも可愛いですwww

    <ネットのコメント>

    【【おもしろ猫動画】ニャンコのポーズに思わず「カワイイ!」】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    ベンガル猫

    メキシコの都市公園にてヒョウが出没したという情報が相次いで寄せられた。調査をしてみると住民を恐怖に追い込んでいたのはヒョウではなく猫だった。

    メキシコのタンピコにある、フライアンドレス公園にてこの珍事は起きた。タンピコ動物保護当局と保護団体は「仔ヒョウフライアンドレス公園をうろついてる」という通報受けた。情報提供者は「ヒョウが人を攻撃するかもしれない」と慌てていたという。

    情報提供を受けて、現場に到着したのは動物救助団体であった。主に遺棄犬など路上を徘徊する動物を救助して養子縁組させる仕事をしている団体だ。

    猛獣が出没したという話を聞き網などで特別に重武装をして現場に駆けつけた団体は、公園を捜索する途中、本物のヒョウのような動物を発見した。 レオパード特有の模様が鮮明なこの動物は、のんびりとベンチの下に入り、寝ていた。

    緊張した状態で慎重に接近していた救助隊は、近くでその動物を見てがっかりした。恐怖を作り出した動物は、ヒョウではなくベンガル猫だったのだ。

    団体関係者は「仔ピューマを猫と誤認した事例はこれまで何度かあったが、猫をヒョウと勘違いした事件は初めてだ」と話していた。しかし十分に理由のある錯覚だった。

    ヒョウ柄がはっきりしているベンガル猫はものすごく大きく、救助された猫の長さは約1メートル、体重は6キロに迫った。一般人が遠くから見ればヒョウと間違えられてもおかしく無い。

    動物団体は「野生のサルミネコとイエネコを交配させて誕生した品種のベンガル猫はメキシコでは珍しい」と説明した。

    貴重な身体にふさわしく、ベンガル猫は値段もかなり高い。メキシコでベンガル猫は普通4万ペソ(約20万円)前後の価格で取引される。

    一方、動物団体は救助したベンガル猫の飼い主を探している。メキシコでは貴重な品種なので、飼い主は所有関係を立証する書類を持って訪問しなければ、ベンガル猫を連れて行けない。

    仮に飼い主が現れなければ、団体は猫を養子に出す予定だ。団体は「ベンガル猫は世話をするのに少なからぬお金がかかる。里親になる場合は希望者の経済的条件を優先的に考慮する」と明らかにした。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    全然違うわ!普通にベンガル猫やないかい!www

    <ネットのコメント>

    【【仰天ニュース】公園にヒョウが出たぁぁぁ!・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ